COLUMN

- コラム -

キッチンリノベーションの種類、費用、ポイント完全解説!

リノベーションコラム

キッチンリノベーションを検討しているけれど、種類が多すぎてどのキッチンにしたら良いか、お困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
キッチンの種類によって使い勝手や費用には大きな差があるので、慎重に選ぶ必要があります。
今回は、キッチンリノベーションの種類や費用、注意点について解説するので参考にしてみてください。

キッチンリノベーションの種類

キッチンリノベーションは、オーダーメイドから海外の有名ブランドのキッチンまで種類が豊富なため、何を基準にすべきか迷いがちです。


「キッチンの形」や「キッチンの位置」から自分の好みのキッチンを選択すると良いでしょう。

キッチンの形で選択する

「キッチンの形」には、「L型キッチン」、「I型キッチン」、「Ⅱ型キッチン」の3種類があります。

「L型キッチン」は、シンクと火元がL字型に配置されているキッチンです。シンクと火元が近い特徴があり、料理がしやすいスタイルとなっています。


収納スペースが多い点は魅力的ですが、キッチンの広さが必要になります。

「I型キッチン」は、シンクや火元、調理スペースが直線になっているキッチンです。

キッチンの種類の中で最も多く採用されており、コンパクトな場所にも設置が可能なキッチンになっています。

「Ⅱ型キッチン」は、火元とシンクがそれぞれに分かれており、二の字型になっていることから「Ⅱ型キッチン」と呼ばれています。料理の作業スペースが広く、数人でキッチンに立ったとしても干渉することはありません。

キッチンの位置で選択する

「キッチンの位置」は、「ペニンシュラキッチン」「アイランドキッチン」「壁付けキッチン」の3種類があります。

「ペニンシュラキッチン」とは、キッチンの左右どちらかが壁に接している対面キッチンです。「ペニンシュラ」には、「半島」という意味があり、キッチンの形が突き出ていることからその名が付けられました。


料理をするときに、リビングを見渡せる特徴があり、お子様がいらっしゃる家庭に支持されています。

「アイランドキッチン」は、キッチンが独立しており、壁とは接していないキッチンです。島のように見えることから「アイランドキッチン」と名付けられました。

両方のどちらからもキッチンに出入りすることが可能ですが、通路を確保するために広い空間が必要になることと、排水管などを壁から引いてくることが出来ないため、床を高くする場合も多く金額も高くなってしまうことがあります。

「壁付けキッチン」は、キッチンの正面が壁に向いているキッチンのことです。コンパクトな形状のため、その分リビングやダイニングを広くすることができます。

料理に集中しやすいところが魅力的ですが、家族とコミュニケーションが取りにくい点がデメリットと言えるでしょう。

キッチンリノベーションに取り組む場合、キッチンの広さによって、設置できるキッチンの種類が異なります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分に合ったキッチンを選択しましょう。

キッチンリノベーションの費用相場

キッチンリノベーションの費用は、キッチンのグレードやオプションによって、大幅な差があります。

キッチンリノベーションの費用内訳

キッチンリノベーションの費用の内訳は以下のとおりです。

費用の内訳
1. 本体価格
2. 工事にかかる費用

「本体価格」は、キッチンの価格や食洗器、グリルなどが該当します。また、キッチンの配送や組み立てにも費用がかかります。キッチンパネルを追加する場合は、別途費用が必要になるため、注意してください。

「工事にかかる費用」には、「仮設工事費」、「解体工事」、「電気工事や内装工事」、「諸経費」などがあります。

「仮設工事費」は、工事中に他のところを傷つけないようにするための養生費から工事が完了するときに行われるクリーニング作業まで含まれます。「解体工事」は、古いキッチンを解体し、撤去する工事のことです。「電気工事や内装工事」は、キッチンに接続するための電気工事やキッチンの設置後にクロスを仕上げる内装工事があります。その他にも、壁にタイルを使用する場合は、タイル工事が必要になる場合もあるでしょう。

「諸経費」は、交通費や現場管理費が挙げられます。キッチンリノベーションの見積書には、専門用語が記載されていることもあるため、わからない内訳がある場合は、質問して確認しましょう。

キッチンリノベーションの費用の目安

次に、キッチンリノベーションの費用の目安をご紹介します。

古い壁付けキッチンから新しい壁付けキッチンに変えたい場合の費用は、50万円から150万円が相場となります。例えば、現在のキッチンの場所は変更せずに、設備だけ変更するケースやIHヒーターだけ取り替える場合が挙げられます。必要最低限の予算でキッチンをリノベーションしたいと検討されている方におすすめです。

家族とコミュニケーションを円滑に行うために、壁付けキッチンから対面キッチンに変更したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?壁付けキッチンから対面ペニンシュラキッチンや対面アイランドキッチンに変更する場合は、150万円から300万円かかります。

対面アイランドキッチンは、両方の通路を確保するのに広さが必要になるうえ、十分な排水管の高さを確保するため床を高くする必要がある場合も多く、その分工事費が高額になる傾向があります。キッチンリノベーションを行う場合は、最低でも50万円から必要になり、オプションなどを付けると300万円を超えることもあるでしょう。

金額が変わるポイントと金額を抑えるコツ

キッチンリノベーションで金額が変わるポイントは、「キッチンの本体」です。キッチン本体の価格がリノベーションのトータル費用を左右すると言っても過言ではありません。キッチン本体の形によって、施工方法も異なるため、どのキッチンを選択するかが重要です。

金額を抑えるためのコツは、スタンダードタイプのキッチンを選択し、追加するオプションを見直すことです。例えば、高級素材である天然木や天然石を使用せずに、キッチンの素材には傷や汚れが目立ちにくいメラミン化粧板を選択するとコストを抑えられます。キッチンの配置を変更するなど大掛かりなキッチンリノベーションは費用が高額になるため、注意してください。

予算があらかじめ決まっている場合は、リノベーション会社に相談することをおすすめします。各メーカーがキッチン商品のカタログを出しているため、比較しながら、自分が希望するキッチンを選択しましょう。

キッチンリノベーションのポイント

「自分が希望するキッチンを予算内でできるかどうか」がキッチンリノベーションのポイントになります。

そのためには「業者選び」や「メーカー選び」が重要です。

当社では、お客様の思いを汲み取り、理想のキッチンを実現できるよう誠心誠意対応させていただいております。費用や内訳、保証内容など気になる点や不安な点はなんでもお聞きください。

国内主要メーカーには、「リクシル」や「TOTO」、「クリナップ」などがあり、取り扱いの多いメーカーは全国的にショールームの数が多く、規模も大きく充実しています。カタログで商品を見るだけでなく、ショールームに足を運んで実際のキッチン商品を見ると予算やイメージの相違をなくすことができます。

金額を抑え、自分が希望するキッチンリノベーションができるように優先したい項目や妥協できるところを決めておきましょう。

>> 「LIXIL」ショールームについてはこちら
>> 「TOTO」ショールームについてはこちら
>> 「クリナップ」ショールームについてはこちら

キッチンリノベーションの注意点

キッチンリノベーションの注意点は、戸建てとマンションで違いがあるところです。

一般的に戸建て物件の方は自由度が高く、マンションでリノベーションを行う場合は制限があります。

キッチンリノベーションを行う上で、「配管の位置」や「電気やガスの容量」を確認することは欠かせません。「配管の位置」は、排水がスムーズに行われるように勾配を付けて配管する必要があります。
マンションの場合、各部屋の配管が合流するパイプスペースがキッチンと離れすぎていると勾配が確保できず、水が流れにくくなる可能性があるでしょう。

「電気やガスの容量」は、使える量に限りがあります。マンションの場合は、全体で使用量が決まっているため、勝手に容量を増やすことはできません。

マンションでキッチンリノベーションに取り組むときは、規約を確認し、自分が希望するキッチンを設置することができるかどうかを確認しておきましょう。

キッチンリノベーション事例

一面に貼られた藍色のタイルが目を惹くキッチンスペースは、カウンター下の収納を作らず、シンプルな造作で、住まい手の使い方に合わせられるように。


たっぷり収納できるウォークスルークローゼットの壁面は、カフェのようにごはんのメニューを書いたり、絵を描いたり、スクラップをしたり…アイデアが咲く黒板仕様です。

▼詳しい施工事例はこちら
>> 藍色のタイルが主役の、モダンヴィンテージな空間

モダンでシンプルなキッチンは広々。
回遊性を重視したリノベーション により、ホテルのような贅沢な空間に仕上がりました。

▼詳しい施工事例はこちら
>> 回遊性を重視した大きな空間

タイルを本体に使用したキッチン。
壁面にいれるのと本体にいれるのとでは印象がかわります。

こちらはタイルばりの店舗のキッチンです。

リノベーションで理想のキッチンを実現しよう

キッチンリノベーションの種類や費用、注意点について解説しました。キッチンには、数多くの種類があり、費用にも差があることから、優先順位を付けて絞っていくことがリノベーションを成功させるための秘訣です。
リノベーション会社やメーカーの比較をしながら、自分が希望するキッチンリノベーションが実現できるよう計画性を持って取り組みましょう。

>> リノベーションの事例はこちら

>> リノベーションのサービスをチェック

お電話でのお問い合わせはこちらから

0120-69-3300